ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

プロパティの get メソッド

プロパティ アクセス メソッドの概要

プロパティ アクセス メソッドの概要は、プロパティ アクセス メソッドを参照してください。

プロパティの get メソッドの構文

プロパティ値のクエリ時には、MATLAB® によってプロパティの get メソッドが必ず呼び出されます。

メモ

プロパティ アクセス メソッドを直接呼び出すことはできません。MATLAB は、プロパティ値にアクセスするときにこれらのメソッドを呼び出します。

プロパティの get メソッドは、次の構文をもちます。ここで、PropertyName はプロパティの名前です。関数はプロパティ値を返す必要があります。

methods 
   function value = get.PropertyName(obj)
      ...
end

依存プロパティの値の計算

SquareArea クラスは依存プロパティ Area を定義します。MATLAB は依存プロパティ Area の値を格納しません。Area プロパティの値をクエリするときに、MATLAB は、Width プロパティと Height プロパティに基づいて値を計算する get.Area メソッドを呼び出します。

classdef SquareArea
   properties
      Width
      Height
   end
   properties (Dependent)
      Area
   end
   methods
      function a = get.Area(obj)
         a = obj.Width * obj.Height;
      end
   end
end

get メソッドからの返されないエラー

MATLAB の既定のオブジェクト ディスプレイでは、プロパティの get メソッドから返されるエラー メッセージが非表示になります。MATLAB は、プロパティの get メソッドによって発行されたエラーがオブジェクト全体の表示を妨げることを許可しません。

プロパティの set メソッドを使用してプロパティの値を検証します。プロパティを設定するときに値を検証すると、オブジェクトが有効な状態にあることを確認できます。set メソッドによって検証された値を返す場合にのみ、プロパティの get メソッドを使用します。

get メソッドの動作

次の場合、MATLAB はプロパティの get メソッドを呼び出しません。

  • プロパティ自体の get メソッドからプロパティ値を取得する場合。get メソッドの再帰呼び出しが回避されます。

  • 値オブジェクト (すなわち、handle クラスから派生したものではないもの) をコピーする場合。あるオブジェクトから他のオブジェクトにプロパティ値をコピーするときには、set または get メソッドのいずれも呼び出されません。

関連するトピック