ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Visible プロパティ

Visible プロパティを設定することで、MATLAB® を表示するかどうかを決定できます。表示にした場合、MATLAB はデスクトップ上に表示されて操作できるようになります。このように設定しておくと、デバッグ処理時に便利です。非表示にした場合、MATLAB ウィンドウは表示されません。このため、インターフェイスがすっきりと見えますが、アプリケーションの操作を妨げることにもなります。

既定の設定では、Visible プロパティは有効、つまり 1 に設定されています。Visible プロパティは 0 (非表示) または 1 (表示) に設定を変更できます。