最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB での Python str 型の使用

この例では、Python® パスの区切り文字 (;) を使用する方法を説明します。MATLAB® では、Python 文字は py.str 変数です。

p = py.os.path.pathsep
p = 
  Python str with no properties.

    ;

MATLAB でも、パスの区切り文字として同じ ; を使用します。

c = pathsep
c = 
';'

MATLAB 変数の型を Python の型と比較します。py.str 型は、MATLAB の char 型と同じではありません。

isequal(class(p),class(c))
ans = logical
   0

p を MATLAB 型に変換し、その文字をファイル名に追加します。

f = ['myfile' char(p)]
f = 
'myfile;'

関連するトピック