最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB での Python dict 型の使用

この例では、Python® dict 変数の数値を MATLAB® 配列に変換する方法を説明します。

dict 型の辞書でメニューの項目と価格を返す Python 関数があるとします。この例を Python 2.7 を使用して MATLAB で実行するために、変数 order を作成します。dict オブジェクトの要素を表示するとき、要素の順序は可変です。

order = py.dict(pyargs('soup',3.57,'bread',2.29,'bacon',3.91,'salad',5.00))
order = 

  Python dict with no properties.

    {'soup': 3.57, 'bacon': 3.91, 'salad': 5.0, 'bread': 2.29}

辞書には、キーと値のペアがあります。Python の関数 keys を使用して、メニュー項目を表示します。

keys(order)
ans = 
  Python list with no properties.

    ['soup', 'bacon', 'salad', 'bread']

Python の関数 values を使用して、すべての価格を表示します。

values(order)
ans = 
  Python list with no properties.

    [3.57, 3.91, 5.0, 2.29]

ベーコンの価格を表示します。変数 price の型は double であり、MATLAB で使用することができます。

price = order{'bacon'}
price =

    3.9100

order を MATLAB 変数に変換します。

myOrder = struct(order)
myOrder = 
     soup: 3.5700
    bacon: 3.9100
    salad: 5
    bread: 2.2900

ベーコンの価格を表示します。

price = myOrder.bacon
price = 3.9100

参考

関連するトピック