最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB での Python array 型の使用

この例では、double 型の Python® array.array の要素を合計する方法を示します。

次の配列 P を返す Python 関数があるとします。

P = 

  Python array with properties:

    itemsize: 8
    typecode: [1x1 py.str]

    array('d', [1.0, 2.0, 3.0, 4.0, 5.0])

P を double 型の MATLAB® 配列に変換します。

A = double(P);

A の要素を合計します。

sum(A)
ans =

    15

関連するトピック