ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

静的パス

静的パスは、各 MATLAB® セッションの開始時に MATLAB 組み込み Java® パスとファイル javaclasspath.txt から読み込まれます。静的パスは、動的 Java パスよりも Java クラスの読み込みパフォーマンスが優れています。ただし、静的パスを変更する場合、MATLAB を再起動しなければなりません。

ファイルを静的 Java クラス パスに追加するには、javaclasspath.txt ファイルを作成します。手順については、javaclasspath.txt ファイルの作成を参照してください。

独自の Java クラスを開発するときの便宜を考慮して、エントリを動的な Java クラス パスに追加します。詳細については、動的パスを参照してください。

MATLAB でクラス パスを使用する方法の詳細については、Java クラス パスを参照してください。

javaclasspath.txt ファイルの作成

javaclasspath.txt ファイルの各行には、Java クラス フォルダーまたは JAR ファイルへの参照が含まれています。ファイルを作成するには、次を行います。

  1. javaclasspath.txt という名前の ASCII テキスト ファイルを作成します。

  2. Java クラス フォルダーまたは JAR ファイルの名前を各行に 1 つずつ入力します。名前の形式は、クラスの定義方法によって異なります。

  3. マクロ $matlabroot$arch および $jre_home を使用して、クロスプラットフォーム環境でのフォルダーの指定を簡略化します。

  4. ファイルを設定フォルダーに保存します。設定フォルダーの場所を表示するには、以下を入力します。

    prefdir

    あるいは、javaclasspath.txt ファイルを MATLAB 起動フォルダーに保存します。起動フォルダーを特定するには、MATLAB を起動した直後に、コマンド ラインで pwd と入力します。起動フォルダーの javaclasspath.txt ファイルで指定されているクラスが、パス上で、設定フォルダーのファイルで指定されているクラスの前に表示されます。クラスが複数のフォルダーまたは jar ファイルにある場合、Java は最初に見つかったものを使用します。

  5. MATLAB を再起動します。

MATLAB は起動時にのみスタティック クラス パスを読み取ります。MATLAB の実行中に javaclasspath.txt の編集や .class ファイルの変更を行った場合は、変更内容が反映されるように MATLAB を再起動します。

MATLAB で javaclasspath.txt ファイル内のエントリを使用しない場合、-nouserjavapath オプションを使用して MATLAB を起動します。

独自の Java クラスを記述するときに動的クラス パスを使用する方法の詳細については、動的パスを参照してください。起動フォルダーの詳細については、MATLAB 起動フォルダーを参照してください。

個々の (パッケージ化されていない) クラスの追加

パッケージの一部ではない個々のクラスを MATLAB で使用できるようにするには、.class ファイルを含むフォルダーの絶対パスを指定します。たとえば、ファイル c:\work\javaclasses\test.class 内のコンパイル済みの Java クラスの場合、次のエントリを javaclasspath.txt ファイルに追加します。

c:\work\javaclasses

パッケージの追加

MATLAB でパッケージを使用できるようにするには、パッケージのパスの "最上位レベルのフォルダーの親フォルダー" の絶対パスを指定します。このフォルダーは、パッケージ名の先頭のコンポーネントです。たとえば、Java クラス パッケージ com.mw.tbx.ini のクラスがフォルダー c:\work\com\mw\tbx\ini にある場合、次のエントリを javaclasspath.txt ファイルに追加します。

c:\work

JAR ファイル クラスの追加

JAR ファイルは、複数の Java クラスとパッケージを ZIP 形式で圧縮してまとめたものです。jar (Java Archive) ツールと JAR ファイルの詳細については、ご利用の Java 開発のドキュメンテーションを参照してください。

MATLAB で JAR ファイルの内容を使用できるようにするには、"完全なファイル名を含めて" JAR ファイルの絶対パスを指定します。また、JAR ファイルを MATLAB パスに置くこともできます。

メモ

JAR ファイルのパス要件は、ファイル名を指定しない .class ファイルおよびパッケージの要件とは異なります。

たとえば、メソッド package.class.mymethod(params) を含む mylibrary.jar という名前の JAR ファイルが、フォルダー C:\Documents\MATLAB\ にあるとします。

  • javaclasspath.txt ファイルを編集します。

    cd(prefdir)
    edit javaclasspath.txt
  • 次のテキストをファイルの新しい行に追加します。

    C:\Documents\MATLAB\mylibrary.jar
  • ファイルを保存して閉じます。

  • MATLAB を再起動します。

  • mymethod を呼び出します。

    package.class.mymethod(params)

関連するトピック

外部の Web サイト