ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

関数 import を使用した Java クラス名の単純化

MATLAB® コマンドは、パッケージ名を含む完全修飾名によって任意の Java® クラスを参照できます。たとえば、完全修飾名には以下のようなものがあります。

  • java.lang.String

  • java.util.Enumeration

完全修飾名は長くなるため、コマンドや関数 (コンストラクターなど) による編集や読み取りがしにくくなります。クラス名のみ (パッケージ名なし) でクラスを参照するには、最初に完全修飾名を MATLAB にインポートします。

MATLAB では、インポートしたクラスはすべて "インポート リスト" と呼ばれるリストに追加されます。リストに含まれるクラスを表示するには、import と入力します。コードは、クラス名のみでリスト上のクラスを参照できます。

関数から呼び出されると、関数 import は指定されたクラスをその関数のインポート リストに実際に追加します。コマンド プロンプトで呼び出されると、関数 import は MATLAB プラットフォーム用の基本のインポート リストを使用します。

たとえば、ある関数が以下のステートメントを含むとします。

import java.lang.String
import java.util.* java.awt.*
import java.util.Enumeration

以下のステートメントは、パッケージ名を使用せずに StringFrame および Enumeration クラスを参照します。

str = String('hello');     % Create java.lang.String object
frm = Frame;               % Create java.awt.Frame object
methods Enumeration        % List java.util.Enumeration methods

インポートした Java クラスのリストを削除するには、以下を入力します。

clear import

参考

関連するトピック