ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

保存と読み込み

保存と読み込みの使用

シリアル ポート オブジェクトは、save コマンドを使用してワークスペース変数のようにファイルに保存します。たとえば、シリアル ポート COM1 に関連するシリアル ポート オブジェクト s を作成し、いくつかのプロパティ値を構成し、書き込みおよび読み取り操作を行うと仮定します。

s = serial('COM1');
s.BaudRate = 19200;
s.Tag = 'My serial object';
fopen(s)
fprintf(s, '*IDN?')
out = fscanf(s);

シリアル ポート オブジェクトとデバイスから読み取ったデータをファイル myserial.mat に保存するには、次のようにします。

save myserial s out

メモ

データとイベント情報をテキストとしてディスク ファイルに保存するには、関数 record を使用します。

load コマンドを使用して s および out をワークスペースに再作成できます。

load myserial

読み取り専用のプロパティの値は、読み込み時に既定値に復元されます。たとえば、Status プロパティは、closed として復元されます。そのため、s を使用するには、関数 fopen を使用してデバイスに接続しなければなりません。プロパティが読み取り専用かどうかを判定するには、そのプロパティのリファレンス ページを調べてください。

異なるプラットフォームでシリアル ポート オブジェクトを使用

あるプラットフォームでシリアル ポート オブジェクトを保存し、その後オブジェクトを別のシリアル ポート名をもつ他のプラットフォームで読み込む場合は、Port プロパティ値を変更する必要があります。たとえば、Microsoft® Windows® プラットフォームでシリアル ポート COM1 に関連するシリアル ポート オブジェクト s を作成すると仮定します。最終的に Linux® プラットフォームで使用するために s を保存する場合は、オブジェクトを読み込んだ後で、ttyS0 のような適切な値を Port に構成します。