Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

.NET デリゲート

.NET Framework では、delegate はメソッド シグネチャを定義する型です。これにより関数をパラメーターとして渡すことができます。デリゲートを使用すると、.NET アプリケーションで MATLAB® コールバック関数またはクラス インスタンス メソッドの呼び出しを行うことができます。MATLAB がコールバック関数またはクラス メソッドのシグネチャを定義する際の規則については、メソッド シグネチャの読み取りを参照してください。デリゲートおよびそれをいつ使用するかの詳細については、Microsoft® Developer Network などの外部リソースを参照してください。

デリゲートの使用に向けては 3 つの手順があります。

  • 宣言 — .NET アプリケーションには宣言が含まれています。デリゲートを MATLAB 言語で宣言することはできません。

  • インスタンス化 — MATLAB では、デリゲートのインスタンスを作成し、特定の MATLAB 関数または .NET オブジェクト メソッドに関連付けます。

  • 呼び出し — 指定された入力引数および出力引数と共に関数を呼び出します。関数名の代わりにデリゲート名を使用します。

関連するトピック