ドキュメンテーション

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

MEX アプリケーション

MATLAB® コマンド ラインからユーザー独自の C、C++ または Fortran プログラムを組み込み関数のように呼び出すことができます。これらのプログラムは "MEX 関数" と呼ばれます。MEX 関数を作成するには、MATLAB API を使用してプログラムを作成してから、mex コマンドを使用してビルドします。API は次の機能を提供します。

  • MATLAB から入力を取得

  • 結果を MATLAB に返す

  • MATLAB データ型のサポート

  • MEX 関数からの MATLAB 関数の呼び出し。

  • MATLAB とのシームレスな統合

MATLAB は、C、C++、または Fortran で作成された MEX 関数をサポートします。

C 言語 MEX 関数の作成

MATLAB R2018a 以降では、C/C++ MEX 関数の作成には 2 つの選択肢があります。MATLAB データ APIを使用して作成された MEX ソース ファイルは C++11 プログラミング機能を使用しますが、MATLAB R2018a 以降でサポートされています。MEX ファイルを MATLAB R2017b 以前で実行しなければならない場合、C 行列 APIの関数を使用してソース ファイルを作成します。

R2017b で機能する MEX ファイルが必要なく、最新の C++ に精通している場合は、新しいC++ MEX APIおよびMATLAB データ APIの使用を検討してください。これらの API では、タイプ セーフ性と配列の範囲のチェックが改善され、さらにコーディングを簡略化する最新の C++ 構成要素がサポートされています。C 言語で作業する方が好ましい場合は、引き続きC MEX APIおよびC 行列 APIを使用してください。

注意

異なる API の関数を混在させないでください。たとえば、C 行列 API の関数を MATLAB データ API の関数と一緒に使用しないでください。

C++ プログラミング機能を使用した MEX 関数

C++11 プログラミング機能を使用するには、次を参照してください。

C 行列 API に基づく MEX 関数

C 行列 API に定義される mxArray データ型に基づいて MEX 関数を作成するには、次を参照してください。

Fortran MEX 関数の作成

Fortran MEX 関数を作成するには、次を参照してください。

MATLAB は、Fortran MEX 関数に対してインターリーブされた複素数 API をサポートしません。

関連するトピック