Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

グローバル .NET アセンブリの読み込み

この例では、関数 NET.addAssembly を使用してグローバル アセンブリを読み込むことにより、.NET クラスを MATLAB® で認識できるようにする方法を説明します。

speech synthesizer クラス (.NET Framework Version 3.0 以降で使用可能) には、すぐに使用できるテキストの読み上げ機能が用意されています。たとえば、次のように入力します。

NET.addAssembly('System.Speech');
speak = System.Speech.Synthesis.SpeechSynthesizer;
speak.Volume = 100;
Speak(speak,'You can use .NET Libraries in MATLAB')

他の .NET クラスと同様に、speech synthesizer クラスは "アセンブリ" の一部です。クラスを操作するには、NET.addAssembly を呼び出してアセンブリを MATLAB に読み込みます。ベンダーのドキュメンテーションには、アセンブリ名が記載されています。たとえば、System.SpeechSynthesizer クラスについては、Microsoft® .NET Framework の Web サイトを検索してください。アセンブリ名は System.Speech です。

NET.addAssembly('System.Speech');

System.Speech アセンブリは "グローバル" アセンブリです。アセンブリが "プライベート" アセンブリである場合、関数 NET.addAssembly への入力には絶対パスを使用します。

MATLAB は起動時にそのアセンブリ (mscorlib) を動的に読み込むため、System.DateTime の例は関数 NET.addAssembly を呼び出しません。

メモ

MATLAB のアセンブリはアンロードできません。

参考

関連するトピック