ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

動的パス

MATLAB® は、Java® クラス パスを静的パスと動的パスに分けます。MATLAB は、動的パスの前に静的パスを検索します。

MATLAB では動的パスを使用できます。動的パスは独自の Java クラスを開発するときに便利です。MATLAB を再起動せずに、動的パス上のクラス定義を変更できます。したがって、ユーザー定義の Java クラスを開発およびデバックしている間は、クラス定義を動的パス上に配置しておくと便利です。

動的パスはパスの変更においてより大きな柔軟性を提供しますが、動的パス上の Java クラスは、静的パス上のクラスよりも読み込みに時間がかかる場合があります。また、動的パス上のクラスは静的パス上のクラスと同一の動作をしない場合があります。クラスが期待どおりに動作しない場合は静的パスを使用してください。

Java クラスの開発後、クラスを静的パス上に配置します。詳細については、静的パスを参照してください。

動的パスにクラスを追加するには、関数 javaclasspath と関数 javaaddpath を使用します。エントリを削除するには、関数 javarmpath を使用します。これらの関数はワークスペース内の既存の変数とグローバル変数をすべてクリアします。

メモ

Java クラスは、動的パス上のクラスと依存関係がある場合、静的パス上に配置しないでください。

参考

| |

関連するトピック