ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

切断とクリーンアップ

シリアル ポート オブジェクトの切断

デバイスと通信を行う必要がなくなった場合は、関数 fclose を使用してシリアル ポート オブジェクトから切断します。

fclose(s)

シリアル ポート オブジェクトとデバイスが切断されていることを確認するために Status プロパティを調べます。

s.Status
ans =
closed

関数 fclose を実行した後で、s に関連するシリアル ポートを使用できます。関数 fopen を使用して他のシリアル ポート オブジェクトに接続できます。

MATLAB 環境のクリーンアップ

シリアル ポート オブジェクトが不要になった場合は、関数 delete を使用してメモリから削除します。

delete(s)

関数 delete を使用する前に、関数 fclose でシリアル ポート オブジェクトをデバイスから切断します。

削除されたシリアル ポート オブジェクトは "無効" です。つまり、デバイスに接続することはできません。この場合は、MATLAB® ワークスペースからオブジェクトを削除します。シリアル ポート オブジェクトと他の変数を MATLAB ワークスペースから削除するには、clear コマンドを使用します。

clear s

まだデバイスに接続されているシリアル ポート オブジェクトに関数 clear を使用してオブジェクトをワークスペースから削除しますが、デバイスには接続されたままにしておきます。関数 instrfind を使用してクリアされたオブジェクトを MATLAB に復元します。