ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

デバイスへの接続

シリアル ポート オブジェクトを使用してデータの書き込みや読み取りを行う前に、関数 serial で指定されているシリアル ポートを通じてそれをデバイスに接続しなければなりません。シリアル ポート オブジェクトをデバイスに接続するには、関数 fopen を使用します。

fopen(s)

プロパティの中には、シリアル ポート オブジェクトが接続している間は読み取り専用になるものがあり、これらは関数 fopen を使用する前に構成しなければなりません。この例には、InputBufferSize および OutputBufferSize プロパティが含まれます。プロパティをいつ構成するかは、プロパティ リファレンスを参照してください。

メモ

シリアル ポート オブジェクトはいくつでも作成できますが、1 回の MATLAB® セッションで指定されるシリアル ポート 1 つに対し、1 つのシリアル ポート オブジェクトしか接続できません。ただし、そのシリアル ポートはセッションによりロックされていないので、他のアプリケーションや MATLAB ソフトウェアの他のインスタンスが同じシリアル ポートにアクセスすることができます。これにより競合が生じて、予測できない結果になることがあります。

シリアル ポート オブジェクトがデバイスに接続されているか確認するには、Status プロパティを調べます。

s.Status
ans =
open

次の図では、シリアル ポート オブジェクトとデバイスの接続が完了し、データの読み取りや書き込みの準備ができています。