Main Content

school ライブラリ関数の呼び出し

ヘルプの表示

MATLAB® コマンド プロンプトで次のコマンドを入力すると、ヘルプ ブラウザーでライブラリのドキュメンテーションが開きます。

doc clib.school.Person  %load the package
doc clib.school         %display package members

ライブラリ関数の呼び出し

school ライブラリの機能を呼び出すには、MATLAB clib パッケージを使用します。

メモ

ライブラリのクラスまたは関数を使用した後は、MATLAB を再起動してライブラリをリビルドしない限り、ライブラリ定義は変更できません。

教師を作成し、名前を表示します。

t1 = clib.school.Teacher('Ms. Jones',24);
getName(t1)
Teacher name: Ms. Jones
ans = "Ms. Jones"

インターフェイスの共有

インターフェイスを別の MATLAB ユーザーに渡すには、ツールボックス インストール (.mltbx) ファイルを作成します。Distribute MATLAB Interface to C++ Libraryの手順を使用して以下を実行します。

  • ツールボックス フォルダーをインターフェイス ファイル schoolInterface.dll を含む school フォルダーに設定します。

  • パッケージ名 (呼び出し構文) を clib.school として識別します。