最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

数値引数を使用した Python メソッドの呼び出し

この例では、iterable 入力引数の浮動小数点値を合計する Python 関数 math.fsum を呼び出す方法を説明します。

MATLAB® の patients.mat データ ファイルを開き、数値配列 Height を読み取ります。

load patients.mat
class(Height)
ans = 
'double'

MATLAB では、数値を自動的に Python 数値に変換します。ただし、Height は 100 行 1 列の配列であり、MATLAB は 1 行 N 列の配列を Python iterable 引数に渡さなければなりません。

size(Height)
ans = 1×2

   100     1

fsum を呼び出す前に Height を 1 行 N 列の行列に変換します。

py.math.fsum(Height')
ans = 6707

関連するトピック