ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

変更されたユーザー定義 Python モジュールの再読み込み

この例では、変更された Python® モジュールを再度読み込む方法を説明します。

このワークフローを使用する際、MATLAB® はワークスペースにあるすべての変数、スクリプトおよびクラスを削除します。詳細については、関数 clear classes を参照してください。

モジュールを再度読み込むための Python 呼び出し構文は、Python のバージョンによって異なります。Python のバージョンを確認するには、MATLAB 関数 pyversion を使用します。

Python モジュールの作成

現在のフォルダーを書き込み可能なフォルダーに変更します。新しいファイルを MATLAB エディターで開きます。

関数 myfunc を定義する次のステートメントをコピーし、ファイルを mymod.py として保存します。

def myfunc():
    """Display message."""
    return 'version 1'

myfunc を呼び出します。

py.mymod.myfunc
ans = 

  Python str with no properties.

    version 1

モジュールの変更

return ステートメントを次のように置き換えて、関数を変更します。

    return 'version 2'

ファイルを保存します。

モジュールのアンロード

clear classes

MATLAB は、ワークスペースにあるすべての変数、スクリプトおよびクラスを削除します。

変更されたモジュールのインポート

mod = py.importlib.import_module('mymod');

Python Version 2.7 でのモジュールの再読み込み

py.reload(mod);

Python Version 3.x でのモジュールの再読み込み

py.importlib.reload(mod);

更新されたモジュールでの関数の呼び出し

更新された関数 myfunc を呼び出します。

py.mymod.myfunc
ans = 

  Python str with no properties.

    version 2

参考

|

関連するトピック