最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

datenum から正しい値が返されない

関数 datenum の結果はロケールによって異なります。ファイルとフォルダーに関連付けられている日付値を使用する関数が正確に計算されているかを確認するには、関数 datenum の呼び出し結果を関数 dirdatenum フィールドに置き換えます。

たとえば、MATLAB® license_agreement.txt ファイルの変更された日付を確認します。

cd(matlabroot)
f = dir('license_agreement.txt')

MATLAB は、以下と同様な情報を表示します。

f = 

       name: 'license_agreement.txt'
       date: '10-May-2015 17:48:22'
      bytes: 5124
      isdir: 0
    datenum: 7.3317e+005

コードで dir コマンドの date フィールドを使用している場合は、以下のようになります。

n = datenum(f.date);

これを datenum フィールドに置き換えます。

n = f.datenum;

参考