Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

デスクトップの色の変更

テキストの色と背景色、構文の強調表示色、および出力の色を含む MATLAB® におけるツールで使用される色を変更できます。

テキストの色と背景色の変更

既定では、MATLAB デスクトップ環境内のツールは、他のアプリケーションでシステムが使用するテキストの色と背景色を使用します。エディター、コマンド ウィンドウ、現在のフォルダー ブラウザー、ワークスペース ブラウザー、インポート ウィザードなど、特定のデスクトップ ツールについて、テキストの色と背景色を変更できます。MATLAB Online™ では、現在のフォルダー ブラウザーの色とワークスペース ブラウザーの色の変更はサポートされていません。

テキストの色と背景色を変更するには、次のようにします。

  1. [ホーム] タブの [環境] セクションで [基本設定] をクリックします。

  2. [MATLAB][色] を選択します。

  3. [デスクトップ ツールの色] セクションで [システムの色を利用] チェック ボックスをオフにします。

    MATLAB Online では [システムの色を利用] チェック ボックスは使用できず、この手順をスキップできます。

  4. [テキスト] フィールドと [背景] フィールドを使用して色を変更します。たとえば、テキストの色に白を選択し、背景色に黒を選択します。

    [強調色を使用した構文のサンプル] の領域および [コマンド ウィンドウのサンプル] の領域には、選択された色のプレビューが表示されます。

    Sample panels showing a dark grey background and white text.

    既定のテキストの色および背景色に戻すには、[基本設定] ウィンドウの下部にある [既定の色に戻す] ボタンをクリックします。

ツールストリップの色とヘルプ ブラウザーの色の変更はサポートされていません。ライブ エディターのテキストの色を変更するには、設定を使用します。詳細については、matlab.fonts 設定 を参照してください。

構文の強調色の変更

MATLAB はコード内の構文情報をさまざまな色を使用して表現します。この機能を構文の強調といい、if/then/else ステートメントなどの構文要素を一目で見分けるのに役立ちます。構文の強調は、コード ファイル、コマンド ウィンドウで入力するコード、エラー メッセージや警告メッセージで出現します。その他の種類の出力では出現しません。

構文の強調表示で使用される色を変更するには、MATLAB コードで次のようにします。

  1. [ホーム] タブの [環境] セクションで [基本設定] をクリックします。

  2. [MATLAB][色] を選択します。

  3. [キーワード] フィールド、[コメント] フィールド、[文字列] フィールド、[未終了の文字列] フィールド、[システム コマンド] フィールド、[構文エラー] フィールドおよび [検証セクション] フィールドを使用して色を変更します。たとえば、文字列の色にマゼンタを、未終了の文字列の色に紫を選択します。

    [強調色を使用した構文のサンプル] の領域には、選択された色のプレビューが表示されます。

    Syntax highlighting sample panel showing strings in magenta and unterminated strings in purple.

    既定の構文の強調色に戻すには、[基本設定] ウィンドウの下部にある [既定の色に戻す] ボタンをクリックします。

構文の強調表示を無効にするには、[基本設定] ウィンドウで [MATLAB][エディター/デバッガー][言語] を選択します。次に、[構文の強調表示] セクションで、[構文の強調を有効にする] チェック ボックスをオフにします。MATLAB Online では、このオプションは [MATLAB][エディター/デバッガー][MATLAB 言語] の下にあります。

また、エディターは他の言語に対する構文の強調表示も提供します。他の言語に対する構文の強調色を変更するには、[MATLAB][エディター/デバッガー][言語] の [基本設定] ウィンドウにある、[言語] フィールドで言語を選択します。次に、その言語に対する色を変更します。その言語に対する構文の強調表示を無効にするには、[構文の強調を有効にする] チェック ボックスをオフにします。MATLAB Online では、これらのオプションは [MATLAB][エディター/デバッガー][その他の言語] の下にあります。

構文の強調表示の詳細については、入力時の構文チェックを参照してください。

出力の色の変更

MATLAB では、さまざまな色を使用して、コマンド ウィンドウとライブ エディターの出力でエラー、警告、およびリンクを識別します。

出力でエラー、警告、およびリンクに対して使用される色を変更するには次のようにします。

  1. [ホーム] タブの [環境] セクションで [基本設定] をクリックします。

  2. [MATLAB][色] を選択します。

  3. [エラー テキスト] フィールド、[警告テキスト] フィールド、および [コマンド ウィンドウのハイパーリンク] フィールドを使用して色を変更します。たとえば、エラー テキストにマゼンタを、警告テキストに緑を選択します。

    [コマンド ウィンドウのサンプル] の領域には選択された色のプレビューが表示されます。

    Command Window sample panel showing error text in magenta and warning text in green.

    既定の出力の色に戻すには、[基本設定] ウィンドウの下部にある [既定の色に戻す] ボタンをクリックします。

プログラミング ツールの色の変更

エディターおよびライブ エディターでは、MATLAB は追加の色を使用してコード アナライザー メッセージ、変数、関数、およびセクションを識別します。これらの色を変更するには、[ホーム] タブに移動し、[環境] セクションの [基本設定] をクリックします。次に、[MATLAB][色][プログラミング ツール] を選択します。

コード アナライザーの色

エディターおよびライブ エディターでコード アナライザー メッセージを識別するために使用される色を変更するには、[コード アナライザーの色] セクションで [警告] フィールドおよび [自動修正の強調] フィールドから色を選択します。エディターおよびライブ エディターで自動修正の強調を無効にするには、[自動修正の強調] チェック ボックスをオフにします。

コード アナライザーの使用の詳細については、コード アナライザーを使用したエラーと警告についてのコードのチェックを参照してください。

変数および関数の色

エディターまたはライブ エディターで変数または関数を選択すると、MATLAB ではその特定の変数または関数のすべての出現場所が強調表示されます。この強調表示の色を変更するには、[変数および関数の色] セクションで [自動的に強調] フィールドから色を選択します。エディターおよびライブ エディターで自動強調表示を無効にするには、[自動的に強調] チェック ボックスをオフにします。自動強調表示の詳細については、現在のファイル内の関数または変数の検索と置換を参照してください。

MATLAB では、エディターおよびライブ エディターで共有スコープをもつ変数も強調表示されます。この強調表示の色を変更するには、[変数および関数の色][共有スコープをもつ変数] フィールドから色を選択します。テキストには色が付けられ、影は付きません。共有スコープをもつ変数の詳細については、エディターでの変数スコープのチェックを参照してください。

参考

|

関連するトピック