ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

色設定の変更

デスクトップ ツールでのテキストと背景色の変更

MATLAB® がデスクトップ ツールでテキストと背景に使用する色を変更するには、以下の手順に従います。

メモ

指定する色はインポート ウィザードにも適用されますが、ライブ エディター、ヘルプ表示ペイン、Web ブラウザーには適用されません。

  1. [ホーム] タブの [環境] セクションで [設定] をクリックします。[MATLAB][色] を選択します。

  2. [システムの色を利用] チェック ボックスをオフにします。

    システムの色とは、他のアプリケーション用にプラットフォーム (Microsoft® Windows® など) が使用するテキストと背景の色です。

  3. 使用する色を [テキスト] カラー パレットまたは [背景] カラー パレットから選択します。

    色を選択すると、ダイアログ ボックス内の [強調色を使用した構文のサンプル] および [コマンド ウィンドウのサンプル] 領域が更新され、変更結果を確認できます。

    ヒント

    背景色にグレーを選択すると、アクティブではないウィンドウ内の選択が見えなくなります。

  4. [OK] をクリックします。

構文の強調色の変更

コマンド ウィンドウ、コマンド履歴、エディター、ライブ エディター、およびショートカット コールバック領域では、MATLAB は構文情報をさまざまな色を使って伝達します。この機能を構文の強調といい、if/else ステートメントが一目でわかるなど、構文要素を見分けるのに役立ちます。また、エディターは他の言語に対する構文の強調色も提供します。

コマンド ウィンドウでは、MATLAB 入力のみが強調表示されます。実行中の MATLAB 関数からの出力は強調表示されません。

構文の強調色を変更するには、以下の手順に従います。

  1. [ホーム] タブの [環境] セクションで [設定] をクリックします。[MATLAB][エディター/デバッガー][言語] を選択します。

  2. [言語] ドロップダウン メニューから、構文の強調色を変更する言語を選択します。

  3. [構文の強調表示] セクションで、[構文の強調を有効にする] を選択します。

  4. 色を変更します。

    • [言語]MATLAB に設定した場合、[構文の色の設定] リンクをクリックして、[MATLAB 構文の強調色] の下の色を変更します。

    • [言語]MATLAB に設定しなかった場合は、[構文の強調表示] の下にある色を変更します。

  5. [OK] をクリックします。

コマンド ウィンドウの色の変更

MATLAB がコマンド ウィンドウでエラー、警告およびハイパーリンクに使用する色を変更するには、次の手順に従います。

  1. [ホーム] タブの [環境] セクションで [設定] をクリックします。[MATLAB][色] を選択します。

  2. 使用する色を [エラー テキスト][警告テキスト]、および [ハイパーリンク] の各カラー パレットから選択します。

    色を選択すると、ダイアログ ボックス内の [コマンド ウィンドウのサンプル] 領域が更新され、変更結果を確認できます。

  3. [OK] をクリックします。

コード アナライザーの色の変更

コード アナライザーによって、潜在的な問題を特定し、MATLAB コードを改良できます。既定で、エディターは以下を表示します。

  • 警告があるコードに、オレンジの波線で下線を引き、メッセージ バーにオレンジの線を配置する

  • エラーがあるコードに、赤の波線で下線を引き、メッセージ バーに赤の線を配置する

  • MATLAB が自動修正できるコードに、褐色で強調表示する

コード アナライザーの色を変更するには、次の手順に従います。

  1. [ホーム] タブの [環境] セクションで [設定] をクリックします。[MATLAB][色][プログラミング ツール] を選択します。

  2. [コード アナライザーの色] の下で、警告または自動修正の強調、あるいはその両方に設定する色を選択します。

  3. 自動修正の強調表示をエディター内に表示させるかどうかを決定します。

    エディター内で自動修正の強調表示を表示しない場合は、[自動的に強調] をオフにします。強調表示する場合は [自動的に強調] をオンにします。

  4. [適用] をクリックします。

  5. コード アナライザーがエラー用に使用する色を変更するかどうかを決定します。

    • 変更しない場合、手順 6 に進みます。

    • 変更する場合、以下の手順に従います。

      1. 左のナビゲーション ペインで [色] をクリックします。

      2. [MATLAB 構文の強調色] の下で [エラー] 用の色を変更します。

        このアクションでは、エラー用のコード アナライザー インジケーターの色を変更するだけでなく、コマンド ウィンドウ、コマンド履歴ウィンドウ、エディター、およびショートカット コールバック領域のエラー用の色も変更します。

  6. [OK] をクリックします。

詳細は、エディターでのコードの自動チェック - コード アナライザーを参照してください。コード アナライザーの色設定の変更は、ライブ エディターには適用されません。