ドキュメンテーション

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

多変量データ

MATLAB® は、多変数統計データに対して列方向の解析を行います。データ セットの中の各々の列は 1 つの変数を表し、行は観測値です。(i,j) 番目の要素は、j 番目の変数の i 番目の観測値です。

たとえば、3 変数をもつデータを考えましょう。

  • 心拍数

  • 重み

  • 週に行う運動時間

5 つの観測値に対して、結果の配列は、次のようになります。

D = [ 72          134          3.2
      81          201          3.5
      69          156          7.1
      82          148          2.4
      75          170          1.2 ]

最初の行には患者 1 の心拍数、体重、運動時間が、2 番目の行には、患者 2 のデータ、などのように含まれています。さて、このデータ セットに MATLAB のデータ解析関数を適用してみましょう。たとえば、各列の平均、標準偏差の計算には次を使います。

mu = mean(D), sigma = std(D)

mu =
      75.8       161.8         3.48

sigma =
    5.6303      25.499       2.2107

MATLAB で利用可能なデータ解析関数の一覧を表示するには、次を入力します。

help datafun

Statistics and Machine Learning Toolbox™ にアクセスできる場合は、次のように入力してください。

help stats