ドキュメンテーション

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

コマンドの入力

関数 format

関数 format は、表示される数値形式を制御するものです。この関数は、数値の表示にのみ影響するもので、MATLAB® で計算をする方法や保存する方法に影響するものではありません。ここでは、異なる大きさの成分からなるベクトル x を使って、種々の形式設定に従って出力される結果を表示します。

メモ:

適切な間隔を保証するために、Courier などの固定幅のフォントを用いてください。

x = [4/3 1.2345e-6]

format short

   1.3333    0.0000

format short e

   1.3333e+000  1.2345e-006

format short g

   1.3333  1.2345e-006

format long

   1.33333333333333   0.00000123450000

format long e

   1.333333333333333e+000    1.234500000000000e-006

format long g

   1.33333333333333               1.2345e-006

format bank

   1.33          0.00

format rat

   4/3          1/810045

format hex
 
   3ff5555555555555   3eb4b6231abfd271

行列の中の最大の要素が 103 より大きいかまたは、10-3 より小さいならば、MATLAB は short と long 形式に共通のスケール係数を適用します。

上で示した関数 format に加え、

format compact

は、出力の中に現れる多くの空白行を取り去ります。この形式は、スクリーンまたはウィンドウ上に、より多くの情報を表示するためのものです。さらに、出力形式を制御するためには、関数 sprintffprintf を使ってください。

出力表示の抑制

あるステートメントを入力し、Return キーまたは Enter キーを押すと、MATLAB は自動的にスクリーン上に結果を表示します。しかし、ラインの終わりにセミコロンを付けると、MATLAB で計算は実行されますが、出力は一切表示されなくなります。これは特に大きな行列を作成するとき有効です。たとえば、次の例を考えてみましょう。

A = magic(100);

長いステートメントの入力

ステートメントが長すぎて 1 行に収まらない場合、... を付け、Return キーまたは Enter キーを押して、新しい行にコマンドを続けることができます。たとえば、次の例を考えてみましょう。

s = 1 -1/2 + 1/3 -1/4 + 1/5 - 1/6 + 1/7 ...
      - 1/8 + 1/9 - 1/10 + 1/11 - 1/12;

=+、- の周りの空白スペースはオプションで、読み易くするものです。

コマンド ラインの編集

キーボード上の種々の矢印やコントロール キーを使って、以前に入力したコマンドを再表示したり、編集したり、再使用したりできます。たとえば、誤って次のように入力したと仮定します。

rho = (1 + sqt(5))/2

ここで、sqrt をタイプミスしています。MATLAB は、次のように表示します。

Undefined function 'sqt' for input arguments of type 'double'.

ライン全体を入力し直す代わりに↑キーを押してください。タイプミスをした入力ラインが再表示されます。←キーを使用してカーソルを移動し、入力し忘れた r を入力してください。↑キーを続けて使用すると、以前に入力した行が再表示されます。何文字か入力した後に↑キーを押すと、以前に入力した、それらの文字で始まるラインが表示されます。コマンド履歴から前に実行したコマンドをコピーすることもできます。