ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

イメージ

イメージの読み取り、書き込み、表示および変更

MATLAB® のイメージは数値データの配列であり、それに対して解析を実行できます。詳細は、MATLAB グラフィックスでのイメージの処理を参照してください。

関数

すべて展開する

imshowイメージの表示
image配列のイメージ表示
imagescスケーリングした色によるイメージの表示
imreadグラフィックス ファイルからイメージを読み込む
imresizeイメージのサイズ変更
imtile複数のイメージ フレームを 1 つの四角形内の整列イメージとして結合
imwriteイメージをグラフィックス ファイルに書き込む
imfinfoグラフィックス ファイルの情報
imformatsイメージ ファイル形式レジストリを管理
frame2imムービー フレームに関連するイメージ データを返す
im2frameイメージをムービー フレームに変換
im2javaイメージを Java イメージに変換
im2doubleイメージを倍精度に変換
ind2rgbインデックス付きイメージを RGB イメージに変換
rgb2grayRGB イメージまたはカラーマップをグレースケールに変換
rgb2indRGB イメージをインデックス付きイメージに変換
imapprox色の数を減らしてインデックス付きイメージを近似
ditherディザリングによって見かけのカラー解像度を上げてイメージを変換
cmpermuteカラーマップ内の色の再配列
cmuniqueカラーマップ内で重複している色を削除したり、グレースケールまたはトゥルーカラーのイメージをインデックス付きイメージに変換したりする

プロパティ

Image のプロパティイメージの外観と動作

トピック

MATLAB グラフィックスでのイメージの処理

この節では、さまざまなデータ型とイメージ タイプについて説明し、グラフィックス イメージの読み方、書き方、扱い方および表示方法の詳細を示します。

イメージの種類

MATLAB グラフィックスでサポートされるイメージの種類を示します。

イメージ データの表示

この例では、RGB イメージをワークスペースに読み込んで表示する方法を示します。

8 ビットと 16 ビット イメージ

イメージを 8 ビットまたは 16 ビットの符号なし整数として保存することにより、必要なメモリ量を減らします。

イメージ ファイルの読み取り、書き込み、クエリ

イメージ ファイルの読み取りや書き込みなど、MATLAB で標準のイメージ ファイル形式を操作します。

グラフィックス イメージの表示

グラフィックス ファイル イメージを表示して、サイズや縦横比を制御します。

image オブジェクトとそのプロパティ

すべてのグラフィックス オブジェクトと同様に、image オブジェクトには、スクリーン上での外観を微調整するためのさまざまなプロパティがあります。

イメージの印刷

縦横比を保持することでイメージを適切な比率で印刷します。

イメージのグラフィックス タイプまたはデータ型の変換

データ型間の変換は、イメージ データを解釈する方法を変更します。