Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

プログラミング ユーティリティ

式または関数の間接的な評価、コードの難読化、タイマーの設定、例外の処理

MATLAB® には、式を間接的に評価し、難読化を使ってソース コードを保護し、プログラム実行のタイマーを設定し、エラー時にデータを取得するための機能が備わっています。

関数

すべて展開する

evalMATLAB 式を評価する
evalcMATLAB 式を評価し、結果を取得する
evalin指定したワークスペースで MATLAB 式を実行する
feval関数の計算
runMATLAB スクリプトの実行
builtinオーバーロードされたメソッドから組み込み関数を実行する
pcodeコンテンツを不明瞭化した実行可能ファイルの作成
timerSchedule execution of MATLAB commands
deleteファイルまたはオブジェクトを削除
getグラフィックス オブジェクトのプロパティのクエリ
isvalid有効なハンドルの判定
setグラフィックス オブジェクトのプロパティの設定
startタイマーの開始
startatタイマーを指定時刻に始動するスケジュールの設定
stopタイマーの停止
timerfindtimer オブジェクトの検索
timerfindallすべての timer オブジェクトの検索
waitタイマーが実行を停止するまでコマンド プロンプトをブロック
try, catchステートメントの実行と結果のエラーのキャッチ
MExceptionエラー情報を取得する
addCause例外の追加の原因を記録する
addCorrection例外の修正候補の提案
getReport例外のエラー メッセージを取得する
MException.last最新のキャッチされていない例外を返す
rethrow前回キャッチされた例外を再度スローする
throw例外のスロー
throwAsCaller呼び出し元の関数内で発生しているかのように例外をスロー
matlab.lang.correction.AppendArgumentsCorrection不足している入力引数を追加してエラーを修正
matlab.lang.correction.ConvertToFunctionNotationCorrection関数表記に変換してエラーを修正
matlab.lang.correction.ReplaceIdentifierCorrection関数呼び出しで識別子を置き換えてエラーを修正
parfevalOnAllRun function on all workers in background
parallel.pool.ConstantCopy or create data only once on workers in parallel pool
canUseGPUサポートされる GPU が計算に使用できるかどうかを検証
canUseParallelPool並列関数が並列プールを使用できることを検証

トピック