ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

プログラミング ユーティリティ

式または関数の間接的な評価、コードの難読化、タイマーの設定、例外の処理

MATLAB® には、式を間接的に評価し、難読化を使ってソース コードを保護し、プログラム実行のタイマーを設定し、エラー時にデータを取得するための機能が備わっています。

関数

すべて展開する

evalテキストの MATLAB 式を実行
evalccapture を使って MATLAB 式を計算
evalin指定したワークスペースで MATLAB 式を実行
feval関数の計算
runMATLAB スクリプトの実行
builtinオーバーロードされたメソッドから組み込み関数を実行する
pcode保護された関数ファイルの作成
timerMATLAB コマンドの実行スケジュールを設定するオブジェクトを作成
deleteメモリから timer オブジェクトを削除
gettimer オブジェクトのプロパティ値のクエリ
isvalidtimer オブジェクトの有効性の判別
settimer オブジェクトに対するプロパティ値の設定
starttimer オブジェクトの開始
startatタイマーを指定時刻に始動するスケジュールの設定
stoptimer オブジェクトの停止
timerfindtimer オブジェクトの検索
timerfindall表示状態に関係なく timer オブジェクトを検索
waitタイマーが実行を停止するまでコマンド プロンプトをブロック
try, catchステートメントの実行と結果のエラーのキャッチ
MExceptionエラー情報を取得する
addCause例外の追加の原因を記録する
addCorrection例外の修正候補の提案
getReport例外のエラー メッセージを取得する
MException.last最新のキャッチされていない例外を返す
rethrow前回キャッチされた例外を再度スローする
throw例外のスロー
throwAsCaller呼び出し元の関数内で発生しているかのように例外をスロー
matlab.lang.correction.AppendArgumentsCorrection不足している入力引数を追加してエラーを修正

トピック

ソース コードの保護

MATLAB コードを共有すると、コンテンツに簡単にアクセスでき、設計や実装の詳細が公開されます。ソース ファイルを難読化したり、コンパイルすることができます。

タイマーを使用したコマンドの実行のスケジュール

MATLAB コマンドの実行をスケジュールするには、timer オブジェクトを作成します。

MATLAB アプリケーションでの例外処理

あらゆる条件の下で確実に信頼性の高い演算を行えるよう、プログラムにエラー チェックを含めると有効です。異なるタイプのエラーにプログラムがどのように応答するかを決めることができます。

関数を実行するハイパーリンクの作成

matlab: キーワードをサポートする関数はハイパーリンクを表示できます。ハイパーリンクのテキストをクリックすると、コマンドが実行されます。

関数 eval の代替方法

eval は非常に強力で柔軟な関数ですが、プログラミング問題において常に最適な解決方法であるとは限りません。多くの場合、eval に代わって推奨される別の方法があります。