ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

記述統計

範囲、中心傾向、標準偏差、分散、相関

関数

min配列の最小要素
max配列の最大要素
bounds最小要素と最大要素
mean配列の平均値
median配列の中央値
mode配列の最頻値
std標準偏差
var分散
corrcoef相関係数
cov共分散
cummax累積最大値
cummin累積最小値
movmad移動中央絶対偏差
movmax移動最大値
movmean移動平均値
movmedian移動中央値
movmin移動最小値
movprod移動積
movstd移動標準偏差値
movsum移動合計値
movvar移動分散値

トピック

記述統計

基本的な統計情報を使用してデータを解析します。

不整合データ

データセット内の外れ値を特定します。

線形相関

共分散と相関係数は、変数間の線形関係を表すのに役立ちます。

線形回帰

最小二乗近似は、データ内の関係をモデル化するために役立つ線形回帰の一般的なタイプです。

対話型の近似

基本的な近似 UI は、対話型のデータ モデリング ツールです。

プログラムによる近似

MATLAB® には、データ近似に役立つ関数が多数あります。

この情報は役に立ちましたか?