最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

クラスのオブジェクト表示のカスタマイズ

MATLAB® によってコマンド ウィンドウにクラスのオブジェクトが表示される方法をカスタマイズ

CustomDisplay クラスは、MATLAB によるオブジェクトの表示方法をカスタマイズするために使用できるインターフェイスを定義します。インターフェイスの概要は、カスタム表示インターフェイスを参照してください。

関数

display変数または式の結果に関する情報を表示
details配列の詳細の表示

クラス

matlab.mixin.CustomDisplayオブジェクトの表示をカスタマイズするインターフェイス
matlab.mixin.util.PropertyGroupオブジェクト表示のためのカスタム プロパティ リスト

トピック

カスタム表示インターフェイスのクラスとメソッド

カスタム表示インターフェイス

CustomDisplay クラスは、クラスのオブジェクトの表示をカスタマイズする API を提供しています。

CustomDisplay の機能

MATLAB はオブジェクトの状態を判定し、その状態に対し特定のメソッドを呼び出してオブジェクトを表示します。

既定のオブジェクト表示をもつクラス

このクラスの例では、オブジェクト表示のさまざまな面をカスタマイズしています。

カスタム表示での関数 size の役割

MATLAB は関数 size を使用して、表示するオブジェクトの状態を判定します。

オブジェクトの表示をカスタマイズするための具体的な手法

表示のカスタマイズ方法の選択

オブジェクトの状態に基づいてオブジェクトの表示をカスタマイズできます。また、表示のさまざまな部分を変更できます。

プロパティ表示のカスタマイズ

ユーザー クラスのオブジェクトに対し表示されるプロパティの順序と個数を変更します。

ヘッダー、プロパティ リスト、フッターのカスタマイズ

表示の 3 つの部分であるヘッダー、プロパティ グループ、フッターのそれぞれをカスタマイズします。

スカラー オブジェクトの表示のカスタマイズ

スカラー オブジェクトの表示をカスタマイズします。

オブジェクト配列表示のカスタマイズ

非スカラー オブジェクト (空のオブジェクト配列を含む) の表示をカスタマイズします。

異種混合配列表示のカスタマイズ

非スカラーの異種混合配列に対しては、シールされたメソッドのみを呼び出すことができます。

関数 disp のオーバーロード

関数 disp をオーバーロードすると、表示の限定的カスタマイズが提供されます。