ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

クラス構文ガイド

MATLAB® クラスとクラス コンポーネントを定義する構文

MATLAB クラス定義は、プロパティ、メソッドおよびイベントを定義するコード ブロックで構成されます。各ブロックでは属性を宣言することができ、属性はその特定のブロック内に定義されたすべてのプロパティ、メソッドまたはイベントに適用されます。属性はクラス自体に適用することもできます。

関数

classオブジェクトのクラス
isobject入力が MATLAB オブジェクトかどうかを判別
enumerationクラスの列挙型メンバーと名前
eventsイベントの名前
methodsクラスのメソッド名
propertiesクラス プロパティ名
superclassesスーパークラスの名前

トピック

クラスのコンポーネント

そのブロックにおけるすべてのクラス メンバーに属性を適用する、コード ブロックのクラス コンポーネントを定義します。

クラス ファイルとクラス フォルダー

クラスをパス フォルダーに整理するか、クラス定義をクラスの @ フォルダーにある複数のファイル間に分配します。

Classdef ブロック

classdef ブロックには、すべてのクラス メンバー ブロックを含むクラス定義が含まれています。

プロパティ

properties ブロックでプロパティを定義します。このブロックでは、プロパティ名、オプションの型、既定値、属性が指定されます。

メソッドと関数

methods ブロックでメソッドを定義します。このブロックでは、ブロック内で定義されるすべてのメソッドの属性が指定されます。

属性の指定

property ブロック、methods ブロックまたは events ブロックで属性を指定します。属性はそのブロックで定義されたすべてのメンバーに適用されます。

イベントとリスナー

events ブロックでイベント名を定義します。ハンドル クラスのみがイベントをサポートします。

代表的なクラス コード

この MATLAB クラス定義の例では、一般的なクラスで使用される構文とプログラミング手法を説明します。