ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB Distributed Computing Server

クラスター、クラウドおよびグリッドにおける MATLAB および Simulink による計算の実行

MATLAB® Distributed Computing Server™ は、大量の計算を必要とする MATLAB プログラムや Simulink® モデルを、コンピューター クラスター、クラウドおよびグリッドで実行するため、計算の高速化や大規模な問題の求解ができます。Parallel Computing Toolbox を使用してマルチコア デスクトップ コンピューターでプログラムやモデルを作成して、それを MATLAB Distributed Computing Server で実行することで、多くのコンピューターに拡張できます。このサーバーは、バッチ ジョブ、並列計算および大規模分散データをサポートします。また、クラスター ジョブ スケジューラが組み込まれており、一般的に使用されているサードパーティ製スケジューラにも対応しています。

MATLAB Distributed Computing Server では、クラスター上のプログラムやモデルを実行するためにクラスター内のコンピューターごとに追加の MathWorks® 製品ライセンスを取得する必要がありません。

MATLAB Distributed Computing Server 入門

MATLAB Distributed Computing Server の基礎を学ぶ

クラスターの構成

スケジューラのタイプに応じた並列計算をサポートするためのノードと開始プロセスの設定

MJS クラスターのカスタマイズ

MJS (MATLAB ジョブ スケジューラ) を使用するクラスターのオプション設定のカスタマイズ

クラスターおよびクラウドでのコードの実行

計算負荷の高いコードをスケール アップして既存のクラスターで実行

MATLAB Distributed Computing Server のトラブルシューティング

MATLAB Distributed Computing Server での予期せぬ問題の解決