ドキュメンテーション

ネットワーク ライセンス ファイルについて

ネットワーク ライセンス

ネットワーク ライセンスには、組織がインストールおよび実行するライセンスを保有している各製品の暗号パスコードが記載されています。ネットワーク サーバーのライセンス管理者またはシステム管理者は、ネットワーク ライセンス ファイルにアクセスしなければならない場合があります。

MATLAB インストール

MATLAB® ソフトウェアをインストールするときに、インストーラーはネットワーク ライセンス ファイルの処理を次のように実行します。

  • サーバー上でインストーラーが次を行います。

    • license.dat というネットワーク ライセンス ファイルのコピーを作成し、MATLAB インストール フォルダーの \etc フォルダーに配置します。

    • ファイルに SERVER 行と DAEMON 行を追加します。SERVER 行はサーバー ホストとポート番号を識別します。DAEMON 行はネットワーク ライセンス マネージャー デーモンの名前を識別します。

    • 処理したライセンス ファイルを matlabroot/etc に保存します。ここで、matlabroot は MATLAB インストール フォルダーです。

    • インストール時にオプション ファイルが作成されると、ライセンス ファイルの DAEMON 行に Options= 構文も追加されます。この構文はオプション ファイルのパス名を指定します。

      たとえば、使用しているサーバー名が thunderball で IP アドレスが 144.212.111.103 の場合、ライセンス ファイルの SERVER 行と DAEMON 行は次のようになります。

      SERVER thunderball INTERNET=144.212.111.103 27000
      DAEMON MLM "C:\Program Files\MATLAB\R2019b\etc\win64\MLM.exe" \
                  options="C:\Program Files\MATLAB\R2019b\etc\mlm.opt"
      
  • クライアント マシン上でインストーラーが次を行います。

    • 指定したライセンス ファイルのコピーを network.lic という名前で作成し、MATLAB クライアントのインストール フォルダーにある \licenses フォルダーに配置します。

    • SERVER 行はそのまま残して、すべての INCREMENT 行と DAEMON 行をライセンス ファイルから削除します。また、ファイルにステートメント USE_SERVER を追加します。この行はクライアントにサーバー上のネットワーク ライセンス ファイルを指定します。ファイルには製品のすべてのパスコードが記載されています。

MATLAB 検索パス

MATLAB は起動時にライセンス ファイルを読み取り、製品のライセンスを確認します。MATLAB は次の場所を順番に検索してライセンス ファイルを見つけます。

  • MATLAB の起動コマンド ラインで、-c オプションを使用して指定されたライセンス ファイル。

  • 環境変数 MLM_LICENSE_FILE および LM_LICENSE_FILE

  • プログラムを起動したユーザーのプロファイル フォルダー

  • MATLAB インストールの \licenses フォルダーにある license.dat というファイル、または拡張子 .lic をもつ任意のファイル。

ライセンス ファイルが見つかると、MATLAB は検索を停止します。

MATLAB 検索パスの設定

既定では、MATLAB はライセンス ファイルをクライアント マシン上の MATLAB クライアント インストール フォルダーにある \licenses フォルダーにインストールします。ただし、次のいずれかの方法でこの場所を上書きすることができます。

  • MATLAB の起動時にコマンド ラインで -c オプションを使用してライセンス ファイルのパスを指定します。MATLAB はこのパスを最初に検索します。

    検索を行うパスの一覧を指定できます。-c オプションを使用すると、環境変数の検索を明示的に禁止することになります。-c オプションを使用するときには、次のことに注意してください。

    • ライセンス ファイルへのパスがスペースを含む場合は、パス名を引用符で囲みます。

    • 複数のライセンス ファイルを指定する場合は、ライセンス ファイルの一覧全体を引用符で囲みます。

  • 環境変数を設定します。MATLAB はこれらのパスを 2 番目に検索します。

    • MLM_LICENSE_FILE - ライセンス ファイルの場所を指定しますが、MathWorks® 製品のみに適用されます (MathWorks 製品のみに影響するため推奨)。

      MATLAB はこの環境変数を最初に検索します。

    • LM_LICENSE_FILE - このサーバーでネットワーク ライセンス マネージャーを使用するすべてのアプリケーションのライセンス ファイルの場所を指定します。

  • ライセンスをユーザー 1 人に限定します。MATLAB はこのパスを 3 番目に検索します。

    MATLAB は、プログラムを起動したユーザーのプロファイル フォルダーを検索します。特定ユーザーによる使用に制限されたライセンスの場合、アクティベーション アプリケーションによって、ライセンス ファイルは対象ユーザーのプロファイル内のフォルダに格納されます。

ネットワーク ライセンス ファイルの内容

ネットワーク ライセンス ファイルとは特殊な形式の ASCII テキスト ファイルで、実行するライセンスのある各製品の暗号パスコードが記載されています。各製品のパスコードは、該当する製品で使用可能なライセンス キーの数を指定します。各製品に関連付けられているライセンス キーの使用状況に応じて、その製品へのアクセスを許可するか拒否するかがネットワーク ライセンス マネージャーによって決定されます。

  • INCREMENT 行は、製品、製品に対して使用可能なキーの数、その他の情報を指定します (この例に示されているすべての要素が実際のライセンス ファイルの INCREMENT 行に含まれているとは限りません)。

  • バックスラッシュまたは円記号 (\) は、その行が次の行に続くことを示します。

  • シャープ記号 (#) で始まる行はコメント行です。MathWorks インストーラーは、インストール中のライセンス ファイル処理時に、これらのコメント行にあるライセンス サーバー ホストの ID またはインターネット アドレスなどの情報を使用します。

# BEGIN-------cut here-------CUT HERE-------BEGIN
# MATLAB license passcode file.
# LicenseNo: 12345           HostID: INTERNET=144.212.101.43
INCREMENT TMW_Archive MLM 18 01-sep-2015 0  \
	BC9DE773A77D15AF8 VENDOR_STRING=83 HOSTID=DEMO SN=12345
INCREMENT MATLAB MLM 18 01-sep-2015 1  \
	4C9D3348561BE9E3B USER_BASED DUP_GROUP=U SN=12345
INCREMENT SIMULINK MLM 18 01-sep-2015 1  \
	1CD148466EF58DF8B USER_BASED DUP_GROUP=U SN=12345
INCREMENT Signal_Toolbox MLM 18 01-sep-2015 1  \
	6CF74B458BA143DC3 USER_BASED DUP_GROUP=U SN=12345
# END---------cut here-------CUT HERE-------END

ネットワーク ライセンス ファイルの変更

一般に、サーバーやクライアント マシン上のネットワーク ライセンス ファイルを変更する必要はありません。ただし、次のような場合にはライセンス ファイルを編集しなければなりません。

関連するトピック

外部の Web サイト