最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

トゥルーカラー イメージ

トゥルーカラー イメージでは、ピクセルの色の赤、青、および緑の成分を表す 3 つの値によって各ピクセルが指定されます。MATLAB® では、各ピクセルの赤、緑、および青の色成分を定義する m × n × 3 のデータ配列としてトゥルーカラー イメージを格納します。トゥルーカラー イメージは、カラーマップを使いません。各ピクセルのカラーは、ピクセルの位置での各色平面に格納されている赤、緑、青の強度の組み合わせで決定されます。

グラフィックス ファイル形式では、トゥルーカラー イメージが 24 ビット イメージ (赤、緑、青の成分がそれぞれ 8 ビット) として格納されます。これにより、1600 万色を表す可能性を示しています。実物のイメージを再現できる精度であるということから、トゥルーカラー イメージという言葉が一般的に使用されています。

トゥルーカラー配列のクラスは、uint8uint16singledouble のいずれかになります。single クラスまたは double クラスのトゥルーカラー配列の場合、各色成分は 0 ~ 1 の値になります。色成分が (0,0,0) であるピクセルは黒として表示され、色成分が (1,1,1) であるピクセルは白として表示されます。各ピクセルの 3 つの色成分は、データ配列の 3 番目の次元に沿って格納されます。たとえば、ピクセル (10,5) の赤、緑、青の色成分は、それぞれ、RGB(10,5,1)RGB(10,5,2)RGB(10,5,3) に格納されます。

次の図は、double クラスのトゥルーカラー イメージを示しています。

トゥルーカラー イメージの色平面

(2, 3) のピクセルの色を決定するには、(2, 3, 1:3) に格納されている RGB 3 成分を調べます。(2,3,1) に値 0.5176 が含まれていると仮定すると、(2,3,2) には 0.1608 が、(2,3,3) には 0.0627 が含まれています。(2, 3) でのピクセルの色は、次のようになります。

0.5176 0.1608 0.0627

関連するトピック