ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

warp

テクスチャ マッピングされた表面のイメージの表示

構文

warp(X,map)
warp(I,n)
warp(BW)
warp(RGB)
warp(z,...)
warp(x,y,z...)
h = warp(...)

説明

warp(X,map) は、単純な四角形表面にテクスチャ マップとしてカラー マップ map をもつインデックス付きイメージ X を表示します。

warp(I,n) は、単純な四角形表面にテクスチャ マップとして長さ n のグレースケール カラー マップをもつ強度イメージ I を表示します。

warp(BW) は、単純な四角形表面にテクスチャ マップとしてバイナリ イメージ BW を表示します。

warp(RGB) は、単純な四角形表面にテクスチャ マップとして配列 RGB の RGB イメージを表示します。

warp(z,...) は表面 z のイメージを表示します。

warp(x,y,z...) は表面 (x,y,z) のイメージを表示します。

h = warp(...) は、テクスチャ マップされた表面にハンドルを返します。

クラス サポート

入力イメージのクラスは、logicaluint8uint16 または double のいずれかです。

ヒント

テクスチャ マップされた表面は通常、イメージよりレンダリングの速度が遅くなります。

参考

| | |

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?