ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

tforminv

逆空間変換の適用

構文

[U,V] = tforminv(T,X,Y)
[U1,U2,U3,...] = tforminv(T,X1,X2,X3,...)
U = tforminv(T,X)
[U1,U2,U3,...] = tforminv(T,X)
U = tforminv(T,X1,X2,X3,...)

説明

[U,V] = tforminv(T,X,Y) は、TFORM 構造体 T で定義された 2 次元から 2 次元への逆変換を座標配列 XY に適用し、点 [X(k) Y(k)] を点 [U(k) V(k)] にマッピングします。T.ndims_inT.ndims_out は両方とも 2 と等しくなければなりません。XY は通常、長さが一致する列ベクトルです。通常、XY は任意の次元にすることができますが、同じサイズでなければなりません。どのような場合でも、UV のサイズは X および Y と同じになります。

[U1,U2,U3,...] = tforminv(T,X1,X2,X3,...) は TFORM 構造体 T で定義された NDIMS_OUT-to-NDIMS_IN の逆変換を座標配列 X1,X2,...,XNDIMS_OUT (NDIMS_IN = T.ndims_in および NDIMS_OUT = T.ndims_out) に適用します。出力引数の数は NDIMS_IN と同じでなければなりません。変換により、点

[X1(k) X2(k) ... XNDIMS_OUT(k)]

は、点

[U1(k) U2(k) ... UNDIMS_IN(k)].

にマッピングされます。X1,X2,X3,... は任意の次元にすることができますが、同じサイズでなければなりません。

U1,U2,U3,... のサイズもこれと同じになります。

U = tforminv(T,X) は TFORM 構造体 T で定義された <span></span>NDIMS_OUT から NDIMS_IN への逆変換を X の各行 (X は MNDIMS_OUT 列の行列) に適用します。また、点 X(k,:) を点 U(k,:) にマッピングします。UM × NDIMS_IN の行列です。

X が (N+1) 次元の配列である U = tforminv(T,X) は、点 X(k1,k2,...,kN,:) を点 U(k1,k2,...,kN,:) にマップします。size(X,N+1) は、NDIMS_OUT と等しくなければなりません。U は (N+1) 次元の配列であり、size(U,I) は I = 1,...,N について size(X,I) と等しく、size(U,N+1)NDIMS_IN と等しくなります。

[U1,U2,U3,...] = tforminv(T,X) は、(N+1) 次元の配列をサイズの等しい N 次元の配列 NDIMS_IN にマッピングします。

U = tforminv(T,X1,X2,X3,...) は、N 次元の配列 NDIMS_OUT を 1 つの(N+1) 次元の配列にマッピングします。

メモ:

U = tforminv(X,T) は、下位互換性を引き続きサポートする 2 つの引数構文の古い形式です。

頂点 (0,0)、(6,3)、(-2,5) をもつ三角形を頂点 (-1,-1)、(0,-10)、(4,4) をもつ三角形にマッピングするアフィン変換を作成します。

u = [ 0   6  -2]';
v = [ 0   3   5]';
x = [-1   0   4]';
y = [-1 -10   4]';
tform = maketform('affine',[u v],[x y]);

tforminv を適用することによってマッピングを検証します。結果は [u, v] と等しくなります。

[um, vm] = tforminv(tform, x, y)

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?