ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

rsetwrite

イメージ ファイルからの低い解像度データセットの作成

構文

rsetfile = rsetwrite(File_Name)
rsetfile = rsetwrite(File_Name, output_filename)
rsetfile = rsetwrite(adapter, output_filename)

説明

File_Name が TIFF または NITF イメージ ファイルである rsetfile = rsetwrite(File_Name) は、指定されたファイルから低い解像度のデータセット (R-Set) を作成します。R-Set ファイルは、入力ファイル名に基づいた名前をもつ現在の作業ディレクトリに書き込まれます。たとえば、File_Name'VeryLargeImage.tiff' である場合、rsetfile'VeryLargeImage.rset' となります。イメージ ファイルには、複数のイメージが含まれ、最初のイメージが使用されます。

rsetfile = rsetwrite(File_Name, output_filename) は、新しいファイルの名前として output_filename を使用して、指定されたイメージ ファイルから R-Set を作成します。この場合、rsetfileoutput_filename は同一です。

rsetfile = rsetwrite(adapter, output_filename) は、指定された Image Adapter オブジェクト adapter から R-Set を作成します。Image Adapter は、特定のイメージ ファイル形式の読み取り用の共有 API である rsetwrite を提供するユーザー定義のクラスです。詳細は、「「ImageAdapter」」 のドキュメンテーションを参照してください。

例 1: R-Set ファイルの作成

R-Set を使用して非常に大きなイメージを可視化します。以下の例の 'MyReallyBigImage.tif' をユーザーのファイル名で置き換えます。

big_file = 'MyReallyBigImage.tif';
rset_file = rsetwrite(big_file);
imtool(rset_file)

例 2: R-Set ファイルへの TIFF ファイルの変換

非常に大きなイメージが含まれるディレクトリの TIFF ごとに R-Set ファイルを作成します。R-Set ファイルを一時ディレクトリに配置します。

d = dir('*.tif*');
image_dir = pwd;
cd(tempdir)
for p = 1:numel(d)
    big_file = fullfile(image_dir, d(p).name);
    rsetwrite(big_file);
end

ヒント

rsetwrite は、空間的なタイルにイメージを分割し、異なる解像度レベルのイメージをリサンプリングすることで、R-Set ファイルを作成します。イメージ ツールで R-Set ファイルを開き、ズーム インすると、高い解像度でタイルが表示されます。ズーム アウトすると、低い解像度のタイルが表示されます。この方法では、イメージの鮮明度とメモリ消費量は、最適なパフォーマンスを得られるようにバランスが取られます。R-Set ファイルには完全な解像度のデータの圧縮コピーが含まれます。

R-Set の作成には時間がかかるため、進行状況バーには操作のステータスが表示されます。操作をキャンセルすると、処理が停止し、ファイルは書き込まれず、rsetfile 変数は空になります。

rsetwrite は、未圧縮の version 2.0 以降の NITF イメージ ファイルをサポートしています。4 以上の帯域または浮動小数点をもつ NITF ファイルはサポートされません。2 つ以上のデータ帯域をもつイメージは、符号なし整数データを含む場合にはサポートされます。

次元が 1 枚の R-Set タイルのサイズより少ないイメージから R-Set を作成できますが、結果の R-set ファイルはサイズが非常に大きくなり、元のファイルより読み込みに時間がかかります。R-Set タイルの現在のサイズは 512 × 512 ピクセルです。

参考

|

R2009a で導入

この情報は役に立ちましたか?