ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

rgb2ntsc

RGB の色の値を NTSC 色空間に変換

構文

yiqmap = rgb2ntsc(rgbmap)
YIQ = rgb2ntsc(RGB)

説明

yiqmap = rgb2ntsc(rgbmap) は、rgbmap にある m 行 3 列の RGB 値を NTSC 色空間に変換します。yiqmap は、RGB カラーマップにある色に等しい列として NTSC 輝度 (Y) および色差 (IQ) の色成分を含んでいる m 行 3 列の行列です。

YIQ = rgb2ntsc(RGB) は、トゥルーカラー イメージ RGB を等価な NTSC イメージ YIQ に変換します。

クラス サポート

RGB は、uint8uint16, int16single または double のいずれかのクラスになります。RGBMAPdouble になります。出力は double です。

すべて折りたたむ

この例では、イメージを RGB 色空間から NTSC 色空間に変換する方法を説明します。

RGB イメージをワークスペースに読み取ります。

RGB = imread('board.tif');

イメージを YIQ 色空間に変換します。

YIQ = rgb2ntsc(RGB);

YIQ イメージの最初のカラー チャネルに表される NTSC 輝度値を表示します。

imshow(YIQ(:,:,1));
title('Luminance in YIQ Color Space');

ヒント

NTSC 色空間において、輝度はモノクロ (白黒) テレビでのイメージ表示に使用されるグレースケール信号です。その他の成分は、色相情報と彩度情報を伝達します。

rgb2ntsc は、以下を使用して NTSC 成分を定義します。

[YIQ]=[0.2990.5870.1140.5960.2740.3220.2110.5230.312][RGB]

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?