ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

otf2psf

光学伝達関数を点像分布関数に変換

構文

PSF = otf2psf(OTF)
PSF = otf2psf(OTF, OUTSIZE)

説明

PSF = otf2psf(OTF) は、光学伝達関数 (OTF) 配列の逆高速フーリエ変換 (IFFT) を計算し、原点を中心とする点像分布関数 (PSF) を作成します。既定の設定では、PSFOTF と同じサイズです。

PSF = otf2psf(OTF, OUTSIZE) は、配列 OTF を配列 PSF に変換します。ここで、OUTSIZE は出力の点像分布関数のサイズを指定します。出力配列のサイズは、任意の次元で OTF 配列のサイズを超えてはなりません。

原点を PSF の中心とする場合、otf2psf は、(1,1) 要素が中心位置に設定されるように出力配列の値を巡回的にシフトさせ、OUTSIZE で指定された次元と一致するように結果をトリミングします。

この関数は、FFT を伴う操作を行う場合、イメージのコンボリューション/デコンボリューションで使われることに注意してください。

クラス サポート

OTF は、任意の非スパース数値配列になります。また、PSFdouble クラスです。

PSF  = fspecial('gaussian',13,1);
OTF  = psf2otf(PSF,[31 31]); % PSF --> OTF
PSF2 = otf2psf(OTF,size(PSF)); % OTF --> PSF2
subplot(1,2,1); surf(abs(OTF)); title('|OTF|');
axis square; axis tight
subplot(1,2,2); surf(PSF2); title('Corresponding PSF');
axis square; axis tight

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?