ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

nitfread

NITF ファイルからのイメージの読み取り

構文

X = nitfread(filename)
X = nitfread(filename,idx)
X = nitfread(___Name,Value)

説明

X = nitfread(filename) は、文字配列 filename によって指定された NITF (National Imagery Transmission Format) ファイルから最初のイメージを読み取ります。配列 filename は、現在のフォルダーまたは MATLAB® パス上のフォルダーにあるか、ファイルの絶対パスを含んでいなければなりません。

X = nitfread(filename,idx) は、複数のイメージが含まれている NITF ファイルから、インデックス番号 idx のイメージを読み取ります。

X = nitfread(___Name,Value) は、オプションのパラメーターで処理の特性を制御し、NITF イメージからイメージを読み取ります。

すべて折りたたむ

この例を実行するには、ファイル名をシステムにある NITF ファイル名に置き換えてください。サンプルの NITF ファイルは Web で探すことができます。

複数のイメージを含む NITF ファイルから 2 番目のイメージを読み取ります。この例では、イメージ データの一部を、行列の位置 (100,200) から (105,205) まで 1 つおきに読み取ります。

subsec = {[100 2 105],[200 2 205]}

ntfdata = nitfread('your_file.ntf',2,'PixelRegion',subsec);

入力引数

すべて折りたたむ

NITF ファイルの名前。文字ベクトルとして指定します。

データ型: char

NITF ファイル内のイメージのインデックス番号。double クラスの数値スカラーとして指定します。

データ型: double

名前/値のペアの引数

オプションの Name,Value 引数のペアをコンマ区切りで指定します。ここで、Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は単一引用符 (' ') で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順番で指定できます。

例: ntfdata = nitfread('your_file.ntf',2,'PixelRegion',{[100 2 150],[200 2 250]});

すべて折りたたむ

ファイルから読み取るピクセルの行インデックスと列インデックス。正の整数のベクトルを含む 2 要素セル配列として指定します。各要素は [start stop] の形式の 2 要素ベクトルまたは [start increment stop] の形式の 3 要素ベクトルで、最初のベクトルは行インデックスを指定し、2 番目のベクトルは列インデックスを指定します。

例: {[100 150],[200 250]} — 行/列 (100,200) の位置から (150,250) の位置までのピクセルを読み取る

{[100 2 150],[200 2 250]} — 行/列 (100,200) の位置から (150,250) の位置までのピクセルを 1 つおきに読み取る

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | cell

出力引数

すべて折りたたむ

NITF ファイルからのイメージ データ。数値配列として返されます。

ヒント

  • この関数では、Version 2.0 と 2.1 の NITF ファイルおよび NSIF 1.0 ファイルがサポートされています。イメージ サブマスクおよび NITF 1.1 ファイルはサポートされていません。

R2007b で導入

この情報は役に立ちましたか?