ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

nitfinfo

NITF (National Imagery Transmission Format) ファイルからのメタデータの読み取り

構文

metadata = nitfinfo(filename)

説明

metadata = nitfinfo(filename) は、NITF (National Imagery Transmission Format) ファイル内のイメージ、注釈、グラフィックスに関するファイルレベルのメタデータを格納したフィールドをもつ構造体を返します。NITF は、米国の政府および軍が文書の伝送に使用するイメージ形式です。NITF ファイルには、複数のイメージだけでなく、テキストやグラフィックスのレイヤーも含めることができます。filename は、NITF ファイルの名前を指定する文字配列です。これは現在のディレクトリまたはMATLAB® パス上のディレクトリ内にあるか、あるいはファイルへの絶対パスを含んでいなければなりません。

nitfinfo では、すべての JITC (Joint Interoperability Test Command) 準拠レベルで Version 2.0 と 2.1 の NITF ファイルがサポートされているほか、NSIF (NATO Secondary Image Format) 1.0 もサポートされています。nitfinfo では NITF 1.1 ファイルはサポートされていません。

R2007b で導入

この情報は役に立ちましたか?