ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

montage

複数のイメージ フレームを四角形モンタージュとして表示

構文

montage(filenames)
montage(I)
montage(X, map)
montage(..., param1, value1, param2, value2, ...)
img = montage(...)

説明

montage(filenames) は、filenames で指定したイメージのモンタージュを表示します。filenames は、N 行 1 列または 1 行 N 列のファイル名のセル配列です。ファイルが現在のディレクトリまたは MATLAB® パス上のディレクトリにない場合は、絶対パス名を指定しなければなりません。詳細は、imread コマンドを参照してください。1 つまたは複数のイメージ ファイルにインデックス付きイメージが含まれている場合、montage では最初のインデックス付きイメージ ファイルのカラーマップを使用します。montage は、フレームをほぼ正方形になるように配置します。

montage(I) は、マルチフレーム イメージ配列 I のすべてのフレームを 1 つのイメージ オブジェクトに表示します。I は、バイナリ、グレースケールまたはトゥルーカラー イメージのシーケンスとすることが可能です。バイナリ イメージまたはグレースケール イメージのシーケンスは M x N x 1 x K の配列でなければなりません。トゥルーカラー イメージのシーケンスは M x N x 3 x K の配列でなければなりません。

montage(X, map) は、すべてのフレームにカラーマップ map を使用して、インデックス付きイメージ配列 X のすべてのフレームを表示します。XM x N x 1 x K の配列です。

montage(..., param1, value1, param2, value2, ...) は、オプションのパラメーター/値の組に応じて、イメージ モンタージュのカスタマイズ表示を返します。詳細は、パラメーターを参照してください。

img = montage(...) は、表示されたすべてのフレームを含む単一のイメージ オブジェクトを返します。

パラメーター

次の表は、使用可能なパラメーターをアルファベット順に示しています。パラメーター名は省略形でも構いません。大文字と小文字は区別されません。

パラメーター

'DisplayRange'

グレースケール シーケンスにおける各イメージの表示範囲を制御する 1 行 2 列のベクトル [LOW HIGH] です。値 LOW (と LOW より小さい値) は黒で表示され、値 HIGH (と HIGH より大きい値) は白で表示されます。空の行列 ([]) を指定すると、montage は、モンタージュに表示されるイメージの最小値と最大値として、'Indices' で指定された値を使用します。たとえば、'Indices'1:K で、'DisplayRange'[] に設定されている場合、I の最小値 (min(I(:))) が黒で表示され、最大値 (max(I(:))) が白で表示されます。
既定の設定: I のデータ型の範囲

'Indices'

モンタージュに表示するフレームを指定する数値配列。montage は値を配列 I またはセル配列 filenames へのインデックスとして解釈します。たとえば、I の最初の 4 フレームのモンタージュを作成するには、montage(I,'Indices',1:4); と入力します。このパラメーターを使用すると、個々のフレームを指定したり、フレームを飛ばしたりすることができます。たとえば、値 1:2:20 では、フレームが 1 つおきに表示されます。
既定の設定: 1:K。ここで、K はフレームまたはイメージ ファイルの合計数です。

‘Parent’montage によって作成される image オブジェクトの親になる axes オブジェクト

'Size'

モンタージュの行数と列数を指定する 2 要素ベクトル [NROWS NCOLS]。サイズ ベクトルで NaN を使用して、すべてのイメージがモンタージュに含まれるように、montage で特定の次元のサイズを計算するように指定します。たとえば、'Size[2 NaN] の場合、モンタージュの行数は 2 行で、列数はすべてのイメージがモンタージュに含まれるように自動的に計算されます。montage は列全体に渡ってイメージを横方向に表示します。

既定の設定: モンタージュのイメージがほぼ正方形になるように計算します。montage は、横方向および縦方向に表示するイメージの数を計算するときに縦横比を考慮に入れます。

クラス サポート

グレースケール イメージ配列は、logicaluint8uint16int16single または double のいずれかになります。インデックス付きイメージは、logicaluint8uint16single または double のいずれかになります。カラーマップは double でなければなりません。トゥルーカラー イメージは、uint8uint16singledouble のいずれかです。出力は、montage で生成されるイメージ オブジェクトです。

すべて折りたたむ

ファイル名のリストを作成します。

fileFolder = fullfile(matlabroot,'toolbox','images','imdata');
dirOutput = dir(fullfile(fileFolder,'AT3_1m4_*.tif'));
fileNames = {dirOutput.name}'
fileNames =

  10×1 cell array

    'AT3_1m4_01.tif'
    'AT3_1m4_02.tif'
    'AT3_1m4_03.tif'
    'AT3_1m4_04.tif'
    'AT3_1m4_05.tif'
    'AT3_1m4_06.tif'
    'AT3_1m4_07.tif'
    'AT3_1m4_08.tif'
    'AT3_1m4_09.tif'
    'AT3_1m4_10.tif'

イメージのシーケンスを表示します。

montage(fileNames, 'Size', [2 5]);

ファイル名のリストを作成します。

fileFolder = fullfile(matlabroot,'toolbox','images','imdata');
dirOutput = dir(fullfile(fileFolder,'AT3_1m4_*.tif'));
fileNames = {dirOutput.name}'
fileNames =

  10×1 cell array

    'AT3_1m4_01.tif'
    'AT3_1m4_02.tif'
    'AT3_1m4_03.tif'
    'AT3_1m4_04.tif'
    'AT3_1m4_05.tif'
    'AT3_1m4_06.tif'
    'AT3_1m4_07.tif'
    'AT3_1m4_08.tif'
    'AT3_1m4_09.tif'
    'AT3_1m4_10.tif'

イメージのシーケンスをモンタージュとして表示し、DisplayRange パラメーターを使用してイメージ内の構造を強調表示します。

montage(fileNames, 'Size', [2 5],'DisplayRange', [75 200]);

イメージを読み込みます。

load mri

モンタージュとして表示します。

montage(D,map)

最初の 9 個のイメージのみを含む新しいモンタージュを作成します。

figure
montage(D, map, 'Indices', 1:9);

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?