ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

mat2gray

行列をグレースケール イメージに変換

構文

I = mat2gray(A, [amin amax])
I = mat2gray(A)
gpuarrayI = mat2gray(gpuarrayA,___)

説明

I = mat2gray(A, [amin amax]) は、行列 A を強度イメージ I に変換します。返される行列 I は、0.0 (黒) から 1.0 (full の強度、または白) の範囲の値を含みます。aminamax は、I の 0.0 と 1.0 に対応する A の中の値です。amin 未満の値は 0.0 に、amax を超える値は 1.0 になります。

I = mat2gray(A) は、A の中の最小値、最大値を aminamax の値に設定します。

gpuarrayI = mat2gray(gpuarrayA,___) は GPU で演算を実行します。この構文では Parallel Computing Toolbox™ が必要です。

クラス サポート

入力配列 Alogical または数値です。出力イメージ Idouble です。

入力 gpuArray gpuarrayAlogical または数値です。出力 gpuArray イメージ gpuarrayIdouble です。

すべて折りたたむ

イメージを読み取って、この例では数値行列に変換します。

I = imread('rice.png');
J = filter2(fspecial('sobel'),I);
Convert the matrix into an image.
K = mat2gray(J);
Display the original image and the result of the conversion.
imshow(I), figure, imshow(K)

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?