ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

makelut

bwlookup で使用するルックアップ テーブルを作成

構文

lut = makelut(fun,n)

説明

lut = makelut(fun,n) は、関数 bwlookup で使用するルックアップ テーブルを返します。fun は、1 と 0 から構成される nn 列の行列を入力として受け入れ、スカラーを返す関数です。n は、2 または 3 のどちらかです。makelut は、2 行 2 列、または、3 行 3 列の近傍を fun に渡して、lut を作成し、一度に 16 要素 (2 行 2 列の近傍) または 512 要素 (3 行 3 列の近傍) のベクトルを作成します。ベクトルは、各可能な近傍に対し、fun からの出力を使います。fun は関数ハンドルでなければなりません。『MATLAB 数学』ドキュメンテーションの関数のパラメーター化では、関数 fun に追加のパラメーターを指定する方法を説明しています。

クラス サポート

lut は、double クラスのベクトルとして返されます。

2 行 2 列の近傍のルックアップ テーブルを作成します。この例では、makelut に渡される関数は、近傍の 1 の数が 2 以上である場合には TRUE を、それ以外の場合は FALSE を返します。

f = @(x) (sum(x(:)) >= 2);
lut = makelut(f,2)
lut =
     0
     0
     0
     1
     0
     1
     1
     1
     0
     1
     1
     1
     1
     1
     1
     1

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?