ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

locallapfilt

イメージの高速な局所ラプラシアン フィルター処理

構文

B = locallapfilt(A,sigma,alpha,beta)
B = locallapfilt(___,Name,Value,...)

説明

B = locallapfilt(A,sigma,alpha,beta) は、エッジ認識の高速な局所ラプラシアン フィルターを使用してグレースケール イメージまたは RGB イメージ A をフィルター処理します。sigmaA のエッジの振幅の特徴を指定します。alpha は平滑化を制御します。オプションの beta 引数は A のダイナミック レンジを制御します。

B = locallapfilt(___,Name,Value,...) は、フィルターの詳細な特性を制御する名前と値のペアを使用して、イメージをフィルター処理します。パラメーター名には省略形を使用できます。

すべて折りたたむ

RGB イメージをインポートします。

A = imread('peppers.png');

0.4 より小さい細部を増やすためにフィルターのパラメーターを設定します。

sigma = 0.4;
alpha = 0.5;

高速な局所ラプラシアン フィルター処理を使用します。

B = locallapfilt(A, sigma, alpha);

元のイメージとフィルター処理されたイメージを並べて表示します。

imshowpair(A, B, 'montage')

入力引数

すべて折りたたむ

フィルター処理するグレースケール イメージまたは RGB イメージ。mn 列または m x n x 3 の実数非スパース行列として指定します。

データ型: single | int8 | int16 | uint8 | uint16

エッジの振幅。非負の値として指定します。sigma は (有限の場合も) 無制限にすることができますが、uint8uint16int8int16 および single のイメージが [0,1] の範囲で定義されている場合、sigma[0,1] の範囲の値を指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

エッジの平滑化。非負の値として指定します。alpha の一般的な値は、[0.01,10] の範囲にあります。

説明
alpha1 より小さい入力イメージの細部を増やして、エッジへの影響やハローの発生を伴わずにイメージの局所的なコントラストを効果的に強調します。
alpha1 より大きい鮮明なエッジを維持しながら入力イメージの細部を平滑化します。
alpha1 に等しい入力イメージをそのまま保持します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

ダイナミック レンジ。非負の値として指定します。beta の一般的な値は、[0,5] の範囲にあります。betaA のダイナミック レンジに影響します。

説明
beta1 より小さいイメージ内のエッジの振幅を小さくして、細部に影響を与えずにダイナミック レンジを効果的に圧縮します。
beta1 より大きいイメージのダイナミック レンジを拡大します。
beta1 に等しいイメージのダイナミック レンジをそのまま保持します。これは既定値です。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

名前/値のペアの引数

オプションの Name,Value 引数のペアをコンマ区切りで指定します。ここで、Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は単一引用符 (' ') で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順番で指定できます。

例:

すべて折りたたむ

RGB イメージのフィルター処理に使用するメソッド。次のいずれかの値に指定します。このパラメーターはグレースケール イメージには効果がありません。

説明
'luminance'locallapfilt はフィルター処理の前に入力 RGB イメージをグレースケールに変換し、フィルター処理後に色を再導入することで、色を損なうことなく入力イメージのコントラストを変更します。
'separate'locallapfilt は各カラー チャネルを個別にフィルター処理します。

データ型: char

入力イメージのダイナミック レンジの強度サンプル数。文字ベクトルまたは数値スカラーとして指定します。サンプル数が多いほど、厳密な局所ラプラシアン フィルター処理に近い結果が得られます。数が少ないほど、実行速度は向上します。一般的な値は、[10,100] の範囲にあります。'auto' を設定すると、locallapfilt はフィルターの他のパラメーターに基づいて強度レベルの数を自動的に選択し、品質と速度のバランスを保ちます。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | char

出力引数

すべて折りたたむ

フィルター処理されたイメージ。サイズとクラスが入力イメージと同じ数値配列として返されます。

参照

[1] [1] Paris, Sylvain, Samuel W. Hasinoff, and Jan Kautz. Local Laplacian filters: edge-aware image processing with a Laplacian pyramid, ACM Trans. Graph. 30.4 (2011): 68.

[2] Aubry, Mathieu, et al. Fast local laplacian filters: Theory and applications. ACM Transactions on Graphics (TOG) 33.5 (2014): 167.

R2016b で導入

この情報は役に立ちましたか?