ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

lab2double

L*a*b* データを double に変換

構文

labd = lab2double(lab)

説明

labd = lab2double(lab) は、L*a*b* の色の値の M 行 3 列または M × N × 3 の配列を double クラスに変換します。出力配列 labdlab と同じサイズです。

Image Processing Toolbox™ は、1976 CIE L*a*b* の値を含む倍精度の L*a*b* の配列の手法に従います。uint8 または uint16 である L*a*b* 配列は、符号なし 8 ビットまたは 16 ビット整数として、L*a*b* 値を表す場合に ICC プロファイル仕様 (ICC.1:2001-4, www.color.org) での方法を使います。ICC エンコード手法を次の表に示します。

値 (L*)

uint8 値

uint16 値

0.0

0

0

100.0

255

65280

100.0 + (25500/65280)

なし

65535

値 (a* または b*)

uint8 値

uint16 値

-128.0

0

0

0.0

128

32768

127.0

255

65280

127.0 + (255/256)

なし

65535

クラス サポート

lab は、実数で非スパースの uint8uint16double 配列のいずれかです。labddouble です。

フル強度の中間色 (白) を uint8 から double に変換します。

lab2double(uint8([255 128 128]))
ans =

   100     0     0

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?