ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

isrset

ファイルが R-Set かどうかをチェック

構文

[tf, supported] = isrset(filename)

説明

[tf, supported] = isrset(filename) は、ファイル filenamersetwrite で作成された低解像度データセット (R-Set) の場合は tf を true に、R-Set でない場合は false に設定します。supported の値は、R-Set ファイルが Image Processing Toolbox™ のこのバージョンにおいて (imtool などの) R-Set ツールと互換性がある場合は true になります。supported が false の場合、R-Set ファイルは、Image Processing Toolbox のこのバージョンで提供されたものよりも新しいバージョンの rsetwrite で作成された可能性があります。

参考

R2009a で導入

この情報は役に立ちましたか?