ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

iptwindowalign

Figure ウィンドウの位置合わせ

構文

iptwindowalign(fixed_fig, fixed_fig_edge, moving_fig, moving_fig_edge)

説明

iptwindowalign(fixed_fig, fixed_fig_edge, moving_fig, moving_fig_edge) は、fixed_fig の Figure を使用して位置合わせをするために Figure moving_fig を移動します。moving_fig および fixed_fig は、Figure オブジェクトのハンドルです。

fixed_fig_edgemoving_fig_edge は、それらの端に関連する Figure の配列を記述し、'left''right''hcenter''top''bottom''vcenter' の値のいずれかを与えることができます。'hcenter' は中心を水平に、'vcenter' は中心を垂直に並べることを表します。次の図はこれらの配置を示します。

メモ:

2 つの指定された位置は、その方向が一致していなければなりません。たとえば、'left'fixed_fig_edge に、'bottom'moving_fig_edge に指定することはできません。

iptwindowalign は、画面上の全体的な表示を保つために、moving_fig の位置合わせを制限します。

iptwindowalign は、いずれかの Figure ウィンドウがドッキングされている場合は無効です。

Figure ウィンドウの配置として考えられるいくつかの例を示すために、まず、 2 つの Figure fig1 および fig2 を作成します。最初に、fig2 は画面上の fig1 にオーバーレイします。

fig1 = figure;
fig2 = figure;

iptwindowalign を使用して、左端が fig1 の右端の位置に合うように fig2 を移動します。

iptwindowalign(fig1,'right',fig2,'left');

上端が fig1 の下端と一致するように fig2 を移動します。

iptwindowalign(fig1, 'bottom', fig2, 'top');

2 つの Figure の中心が水平になるように、fig2 を移動します。

iptwindowalign(fig1, 'hcenter', fig2, 'hcenter');

参考

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?