ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

iptremovecallback

コールバック リストから関数ハンドルを削除

構文

iptremovecallback(h,callback,ID)

説明

iptremovecallback(h,callback,ID) は、ハンドル h と関連のコールバック (文字ベクトル callback で指定) を使用して、imaddcallback で作成されたオブジェクトのコールバック リストからコールバックを削除します。ID は、削除されるコールバックの識別子です。この ID は、関数ハンドルをコールバック リストに追加したときに、iptaddcallback で返されるものです。

3 つのコールバックを登録し、これらを対話形式で試行します。

h = figure;
f1 = @(varargin) disp('Callback 1');
f2 = @(varargin) disp('Callback 2');
f3 = @(varargin) disp('Callback 3');
id1 = iptaddcallback(h, 'WindowButtonMotionFcn', f1);
id2 = iptaddcallback(h, 'WindowButtonMotionFcn', f2);
id3 = iptaddcallback(h, 'WindowButtonMotionFcn', f3);

コールバックの 1 つを削除し、再度 Figure 上でマウスを動かします。MATLAB® が Figure 上でマウスの動きを感知するたびに、関数ハンドル f1f3 が順番に呼び出されます。

iptremovecallback(h, 'WindowButtonMotionFcn', id2);

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?