ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

iptcheckmap

カラーマップの有効性をチェック

構文

iptcheckmap(map, func_name, var_name, arg_pos)

説明

iptcheckmap(map, func_name, var_name, arg_pos) は、MATLAB® カラーマップの有効性をチェックし、有効ではない場合、書式化されたエラー メッセージを出力します。

func_name は、カラーマップをチェックする関数を識別するために書式化されたエラー メッセージで使われる名前を指定します。

var_name は、チェックされる引数を識別するために、書式化されたエラー メッセージで使用される名前を指定します。

arg_pos は、関数の引数リストでチェックされる引数の位置を示す正の整数です。iptcheckmap は書式化されたエラー メッセージにこの情報を含めます。

コード生成 サポート: あり。

MATLAB Function ブロック サポート: あり。

bad_map = ones(10);
iptcheckmap(bad_map,'func_name','var_name',2)

次の図では、エラー メッセージの形式と、iptcheckmap 引数でカスタマイズ可能な箇所を示します。

詳細

すべて折りたたむ

コード生成

この関数では MATLAB Coder™ を使用した C コードの生成がサポートされています。詳細は、「画像処理のコード生成」を参照してください。

MATLAB Function ブロック

この関数は Simulink の MATLAB Function ブロックで使用できます。

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?