ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

iptcheckconn

連結性引数の有効性をチェック

構文

iptcheckconn(conn, func_name, var_name, arg_pos)

説明

iptcheckconn(conn, func_name, var_name, arg_pos) は、conn が有効な連結性引数かどうかをチェックします。正しくない場合、関数は書式化されたエラー メッセージを出力します。

連結性引数は、1、4、6、8、18、26 のスカラー値の 1 つです。連結性引数は、0 と 1 を要素とする 3 x 3 x ... x 3 の配列にもなります。連結性配列の中心の要素は、非ゼロでなければならず、また配列は中心に対して対称でなければなりません。

func_name は、連結性引数をチェックする関数を識別するために書式化されたエラー メッセージで使われる名前を指定します。

var_name は、チェックされる引数を識別するために、書式化されたエラー メッセージで使用される名前を指定します。

arg_pos は、関数の引数リストでチェックされる引数の位置を示す正の整数です。iptcheckconn は書式化されたエラー メッセージにこの情報を含めます。

クラス サポート

conn は、double または logical のクラスで、実数で非スパースでなければなりません。

4 行 4 列の配列を作成し、それを連結性引数として渡します。

iptcheckconn(eye(4), 'func_name','var_name',2)

拡張機能

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?