ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

iptaddcallback

関数ハンドルをコールバックのリストに追加

構文

ID = iptaddcallback(obj,callback,func_handle)

説明

ID = iptaddcallback(obj,callback,func_handle) は、callback によって指定されたコールバックの実行時に呼び出される関数のリストに関数ハンドル func_handle を追加します。callback は、指定されたグラフィックス オブジェクトのコールバック プロパティ名を指定します。

iptaddcallback は、コールバックのリストから関数を削除するために iptremovecallback で使うことのできる固有のコールバックの識別子 ID を返します。

iptaddcallback は、1 つのオブジェクトに対する同じコールバック イベントについて、複数のツールを記述する必要がある場合に役立ちます。

メモ:

set コマンドを使用して既にオブジェクトに追加されているコールバック関数は、iptaddcallback を呼び出した後も機能し続けます。最初に与えられたオブジェクトとコールバックに対して iptaddcallback を呼び出し、異なるコールバック関数が既にインストールされているかどうかを確認するためにチェックします。コールバックがインストール済みの場合、iptaddcallback はそのコールバック関数を iptaddcallback コールバックの処理に置き換え、次に iptaddcallback リストに先に存在していたコールバック関数を追加します。

Figure を作成し、2 つのコールバック関数を登録します。MATLAB® が Figure 上のマウスの挙動を感知するたびに、関数ハンドル f1f2 がリストに追加された順番で呼び出されます。

figobj = figure;
f1 = @(varargin) disp('Callback 1');
f2 = @(varargin) disp('Callback 2');
iptaddcallback(figobj, 'WindowButtonMotionFcn', f1);
iptaddcallback(figobj, 'WindowButtonMotionFcn', f2);

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?