ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

intlut

ルックアップ テーブルを使った整数値の変換

構文

B = intlut(A, LUT)

説明

B = intlut(A, LUT) は、ルックアップ テーブル LUT をベースに配列 A の値を変換して、配列 B の新しい値を返します。たとえば、Ak 番目の要素が alpha に等しいベクトルの場合、B(k) は alpha に対応する LUT の値と等しくなります。すなわち LUT(alpha+1) です。

コード生成 サポート: あり。

MATLAB Function ブロック サポート: あり。

クラス サポート

A が取りうる値は、uint8uint16 または int16 です。Auint8 の場合、LUT は、256 要素の uint8 のベクトルでなければなりません。Auint16 または int16 の場合、LUTA と同じクラスをもつ 65536 要素のベクトルでなければなりません。BA と同じサイズとクラスになります。

A = uint8([1 2 3 4; 5 6 7 8; 9 10 11 12])
LUT = repmat(uint8([0 150 200 255]),1,64);
B = intlut(A, LUT)

詳細

すべて折りたたむ

コード生成

この関数では MATLAB® Coder™ を使用した C コードの生成がサポートされています。汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択した場合、プリコンパイルされたプラットフォーム固有の共有ライブラリを使用するコードが、この関数によって生成されます。共有ライブラリを使用するとパフォーマンスの最適化は維持されますが、コードを生成できるターゲット プラットフォームが限定されます。詳細は、「Image Processing Toolbox のコード生成について」を参照してください。

MATLAB Function ブロック

この関数は Simulink の MATLAB Function ブロックで使用できます。

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?