ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

interfileread

Interfile 形式でのイメージの読み取り

構文

A = interfileread(filename)
A = interfileread(filename, window)

説明

A = interfileread(filename) は、Afilename の 1 番目のエネルギー ウィンドウのイメージを読み取ります。ここで、A は、1 つのイメージでは M 行 N 列の配列で、複数のイメージでは M × N × P の配列です。ファイルは現在のディレクトリ、または MATLAB® パス上のディレクトリになければなりません。

A = interfileread(filename, window) は、Afilenamewindow で指定されたエネルギー ウィンドウのイメージを読み取ります。

エネルギー ウィンドウのイメージは同じサイズでなければなりません。

Interfile ファイル形式は、核医学データの交換用に開発されました。Interfile 3.3 では、メタデータは、イメージ データとは別にヘッダー ファイルに格納されます。2 つのファイルは、拡張子が異なる同じ名前が付けられます。ヘッダー ファイルの拡張子は .hdr で、イメージ ファイルの拡張子は .img です。

Interfile ファイルからイメージ データを読み取ります。

img = interfileread('MyFile.hdr');

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?